MENU
視力回復トレーニング|子供の視力を眼科に行かなくても自宅で治す方法

お子様の視力回復を諦めていませんか

視力と聞けば、あなたは何を思い浮かべますか?

 

一部分が欠けた輪、片目を隠すための尺、視力の検査表等など、視力検査を思い出す人が多いのでは無いでしょうか?
実際に未だに視力検査と言えばそのような道具を使って行われています。これは、日本の徴兵制度が視力の良好な目を「良い目」、近視を「悪い目」とみなしていた名残もあります。

 

近視は決して悪い目では無く、実は近視よりももっと親が子供のために気をつけてあげなければならないことは沢山あるんです。

 

しかし、学校や一部の会社で行われている視力検査ではほんとうの意味で「視力」を正確に測定することはできませんので、測定結果を疑って見る必要があります。

 

何故なら、普段の暮らしで視力検査でするような、少し遠くの1点を凝視する時間が殆ど無いからです。余程の限られた専門職の方はともかく、ほとんどの人の目はキョロキョロと周りを見ているのでは無いでしょうか?テレビを見たり、本を読んだりしている時もジーッと1点を見つめている訳ではありませんよね。

 

このようなことから、現在でも行っている視力検査は実生活に必要ない目の機能を測定しているのにすぎないのです。

 

 

視力測定にも色々ある

日本の視力検査は「数メートル先の動かない物を見る」と言った検査ですが、海外に行くと様々な視力検査を行う総合型の視力検査です。

 

総合型視力検査項目

  1. 動体視力
  2. 周辺視力
  3. 遠距離視力
  4. 近距離視力

 

動いている物を見る「動体視力」、見つめている場所の周辺を見る「周辺視力」、遠くの物を見る「遠距離視力」、近くのものを見る「近距離視力」等など視力検査の物差しは沢山あります。

 

例えばプロのスポーツ選手の能力を評価する時は、「足が早いから一流だと」評価する人はいないと思います。サッカー選手ならドリブルが上手いとか決定力があるとか野球選手ならバッティングが良いとか、守備の達人とか幾つかの項目を加味して総合的に判断するのでは無いでしょうか?

 

視力検査も総合検査がアメリカでは相当前から常識になっており、日本の視力に対する考え方自体がお粗末なことが理解できるでしょう。

 

 

視力を回復する方法を教えます!

;

近年、視力低下が低年齢化しています。

 

視力1.0以下と言えば、高校に進学して出始める感じでしたが、今では小学校でも約30%の生徒が視力1.0に満たないと言う昔では考えられないのが現実です。
そんな状況なのに、視力低下を止めるために適切な処置をした人は皆無で視力が下がったらメガネをかけさせるだけ。

 

実はこの無造作にかけさせたメガネがかえって視力低下を招いている皮肉な現実があります。

 

このままでは、近い将来日本人は1億総眼鏡時代に!

 

また、目を取り巻く環境はますます悪くなって来ています。パソコンやゲーム機の普及で何処でもいつでもゲームができ、目を悪くする食事や食品添加物、ストレス社会、そして目についての知識不足・・・日本人はあまりにも無知で無関心で来てしまったなと実感しています。

 

ですが最近では、色々な角度からの視力回復法が見つかり、自宅でも改善することが可能になってきたんです。

 

これからご紹介する中にあなたにピッタリの視力回復方法が見つかるかもしれませんので、決してあきらめないでくださいね。

 

以下に、視力を回復するための情報をまとめてみました。
ぜひ参考にしていただいて、あなたもお子様も視力を回復てくださいね!


 

 

 

目の基礎知識

 

説明・解説

目の構造

あなたが視力回復を目指す上で目の構造やしくみもしっかりと理解しておきましょう。

目の構造」≫

説明・解説

正常な視力とは

正常な視力とは?近視・遠視・乱視の仕組みを理解しておきましょう。

 

目についてのコラム

 

説明・解説

近視は遺伝

近視の原因は遺伝だけではない?後天的な要因について解説します。

近視は遺伝」≫

説明・解説

赤ちゃんは目が悪い

赤ちゃんはみんな目が悪い?目の発達と視力がつく過程について解説します。

説明・解説

視力は戻らない

近視になれば一生メガネ?諦めなくてもいい理由を解説します。

説明・解説

ガリ勉は目に悪い

勉強の量と視力は関係ありません。勉強で目が悪くなる人の傾向を解説します。

説明・解説

子供の目にコンタクト

コンタクトはメガネと違い外見は変わりませんが子供の目にはオススメできない理由を解説します。

説明・解説

遠視はいい事ずくめ?

遠視と言えば原住民の視力並みによく見える?そうとは違いいい事ずくめではない理由を解説します。

 

 

視力回復法 比較

 

アイトレーニングの特徴の特徴

実店舗を運営している視力回復のアイトレーイング現役インストラクターが、9割り以上のお子様の視力を0.8以上に回復させた視力アップマニュアル完全版です。
1日13分のトレーニングを2ヶ月続けるだけ!

  1. 事前の回復可能性無料診断
  2. 自宅トレーニンググッズ
  3. 3ヶ月メールサポート
  4. 180日全額返金保証

価格 16,800円
評価 評価5
備考
 

視力回復アイスマイル1.0の特徴

自宅でラクラク視力アップ法は眼球運動以外に脳の疲労回復に着目した方法で、子供だけでなく年配の方まで家族で実践できます。視力が回復しただけではなく、頭もよくなったとの相乗効果例も多数! 1日たった5分のトレーニングを続けるだけ!

  1. DVD動画を見るだけ
  2. 家族皆んなでできる
  3. 特典の3マニュアルが充実(生活習慣・食生活・トレーニング)
  4. 365日メールサポート
  5. 90日全額返金保証

価格 19,700円
評価 評価5
備考
 

今野式近視改善エクササイズの特徴

1週間で視力回復が可能だという自宅で出来る視力回復!視力低下の原因は血流障害として、目の周りだけでなく、全身にトレーニングでアプローチすることで血流障害を改善し視力回復効果を高めて行く方法です。 現在までに3万人以上の近視から回復へと導いた、切り口の違う目のトレーニング方法です。近視改善エクササイズ

  1. DVD2枚
  2. 補助テキスト配布
  3. 30日メールサポート無制限
  4. 180日全額返金保証

価格 10,080円
評価 評価5
備考
 

視力回復アドバンスメソッドの特徴

視力低下の原因を明確にして、目の3大能力を把握して原因を様々な回復法を使って解決していく方法です。「目にいい食材一つにしても一般的には誤って伝わっていることもあること」、「目にいい脳の鍛え方」「肩こり・首のこりを解消して視力回復」など特典で詳しく解説しています。

  1. DVD1枚
  2. 特典マニュアル配布(胃から視力回復・ブレインアンチエイジング・肩こり首こり解消法)
  3. 90日間メールサポート無制限
  4. 90日全額返金保証

価格 19,800円
評価 評価5
備考