MENU
目についてのコラム

目についてのコラム記事一覧

遺伝による近視は実は少ない子供の近視の原因は遺伝であると色々な所で言われいるので、遺伝と考える人は多いでしょう。確かに近視には、遺伝的な要因が複雑に絡んでいると考えられています。しかし、遺伝の確率は5%程で、そのほとんどは「強度近視」と言った非常に強い近視と言われています。つまり、残り95%が遺伝でないと言うことなので、「親が近視だからその子供も近視になる」とは限らないと言うことです。仮に遺伝だけ...

子供は、ほとんど見えない状態で生まれ、6歳頃までに視力1.0に達すると言われています。新生児の視力は、わずか0.01から0.02程度と言われています。暗い、明るいがわかるものの、物の形はほとんど見えていません。赤ちゃんは視点が定まらず、どこを見ているかわからない目をすることがありますが、それは視力が発達していない為なんです。妊娠中、目は最後に形成される器官です。胎内でものを見るのに必要な眼球の構造...

当サイトは視力回復のサイトなのででこの様な事はタブーですが、悪くなった子供の視力は何もせずに放置していると戻りません。何としてもお子さんの視力を回復させたいのなら、本当の近視になる前に、適切な処理を行う必要があります。その対処法について、調べてみました。近視の段階と種類目は「網膜」と言うスクリーンにピントを合わせるために、毛様体筋が水晶体と言うレンズの厚さを調節しています。水晶体の調整力を使わない...

視力と勉強の量は関係ありません。現に難関の中学・高校・大学に行っている人全員が視力が悪いと言うことはありませんし、視力が1.5以上の人もいます。確かに、視力が悪い人や視力の矯正している人の割合は高いですが、勉強のし過ぎと言う明確な根拠もありません。視力低下の問題は勉強をする環境と方法なので、正しい姿勢や目の負担にならない照明を心掛けましょう。次からは目に負担のかからない勉強法と成績が上がらない子供...

斜視や弱視の原因にもなる遠視。6歳までに適切な治療が必要です。遠視は遠くがよく見える目でない遠視は「遠くがよく見えて、近くが見えにくい目」と理解している人が多く、殆どの方が近視より遠視の方が良いと理解しています。でも、それは大きな間違いです。遠視は遠くにピントが合っている目では無いんです。目は水晶体の厚みを調節しながらピントを合わせますが、5メートル以上の像を見る時には、厚みを調節しない状態で見て...

子供の眼鏡は視力の発達を助ける為に、かけるものです。一般に、眼鏡をかけると視力が下がると言われていますが、このことはある意味では事実です。何故なら、目の状態と眼鏡の機能が合ってないからです。度が合わない眼鏡をかけていると目は疲れて、肩こりや頭痛の原因にもなります。この状態がが続くと当然視力は低下して行きます。また、フレームが合っていない眼鏡をかけていたら、乱視の原因にもなるので注意しましょう。大人...

医師と家族の管理下でのみ使える場合があります。コンタクトの長所と短所コンタクトレンズは小さなレンズを角膜に直接のせて使うことで、近視、遠視、乱視などを矯正する医療機器です。医療機器なので、当然医師の処方が必要です。レンズを角度の上に直接のせるため、水晶体とレンズの距離がなくなり、メガネよりもレンズを薄くすることができます。その為、像に歪みがなく、強い近視を矯正するなど、機能面でめがねより優れた特徴...