MENU
子供の目にコンタクトレンズは大丈夫?デビューの時期や使い方をご紹介

子供の目にコンタクトがおすすめできない

 

医師と家族の管理下でのみ使える場合があります。

 

 

コンタクトの長所と短所

コンタクトレンズは小さなレンズを角膜に直接のせて使うことで、近視、遠視、乱視などを矯正する医療機器です。

 

医療機器なので、当然医師の処方が必要です。レンズを角度の上に直接のせるため、水晶体とレンズの距離がなくなり、メガネよりもレンズを薄くすることができます。その為、像に歪みがなく、強い近視を矯正するなど、機能面でめがねより優れた特徴がありますし、装着することで見かけが変ることもないので、めがねに抵抗のある人も適しています。

 

ただし、小学生以下の子供にはコンタクトはおすすめできません。どこの眼科でも一般的な視力低下であれば、めがねを薦めることでしょう。それは、コンタクトは装用に伴う目の負担が大きいためです。衛生面に気を配るなど、慎重な取り扱いが必要で制限事項も多く、子供の生活環境には適しません。また、子供は自分の目の状態を正しく判断できない為、トラブルがあっても気付かないで放置してしまう心配もあります

 

時と場合によりコンタクトが適している

コンタクトは、角膜と一緒にレンズが動くので、視野は裸眼と同じで、自然にはっきり物が見えると言う利点があります。

 

この利点を生かして、激しいスポーツやバレエなどをやっている子供などには、コンタクトを処方することがあります。何故なら、メガネは激しい動きで外れてしまいますし、人やものに衝突した時の怪我の原因になりかねないからです。

 

しかし、それも常用ではなく「必要な時」だけに限ります。それ以外の時は基本的に「めがね」をかけます。

 

このように、コンタクトの方が適している場合は、親の管理下の使用を条件に、医師の判断でコンタクトが処方されることもあります。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

近視の原因は遺伝
両親が近視だから子供も近視になるという訳ではありません。昔はそうだった様に思えますが、これには生活環境が大きく影響しています。現代社会を思い出してください。昔とは変わり便利になりましたが、目に悪い物も増えましたよね。ここでは、その現状に迫ります。
赤ちゃんは目が悪い
赤ちゃんは何処を見ているかわからず、視点も定まっていないように見えますが、その通り目が悪いんです。それは、まだ視力が未完成だからなので心配しないでください。子供の将来の視力を決める最も重要な健診にはご用心を!
戻らない視力
視力には戻るものと戻らないものがあります。本当に悪くなる前に適切な処置、治療が必要です。近視は大きく2種類ありますが、その特徴を理解し、お子様の将来の為にも治せる内に治しておきましょう。
ガリ勉は目に悪い
ガリ勉は皆、視力が悪いと言う訳ではありません。それなら世の中の有名大学はメガネやコンタクトの学生だらけ。確かに目が悪い人は多いのは多いんですが他に本当の理由があります。今回はその理由を解説しています。
遠視はいい事ずくめ?
遠視は遠くが見えるので近視に比べ視力がいいと判断されがちですが、実は全てそうではありません。 放置すると斜視や弱視にも発展しかねないので、子供のうちに気付けば早期治療が必要です。
子供に眼鏡をさせる
子供は眼鏡をかけることを嫌うものです。最近ではおしゃれなデザインの物も多く出ていますが、やはり嫌いな子が多いのが現状です。大人の眼鏡と子供の眼鏡には役割が違い、視力を矯正する以外のものが大切です。その点を踏まえ、子供の眼鏡選びのコツをご紹介します。