MENU
遠視はいい事ずくめではない!斜視や弱視になる前に早期治療が将来の視力を左右する

遠視は調整力なしでは、遠くも近くも見えない目

斜視や弱視の原因にもなる遠視。6歳までに適切な治療が必要です。

 

遠視は遠くがよく見える目でない

遠視は「遠くがよく見えて、近くが見えにくい目」と理解している人が多く、殆どの方が近視より遠視の方が良いと理解しています。

 

でも、それは大きな間違いです。遠視は遠くにピントが合っている目では無いんです。目は水晶体の厚みを調節しながらピントを合わせますが、5メートル以上の像を見る時には、厚みを調節しない状態で見ています。
ところが、遠視は遠くをみるときも水晶体を調節しないとピントが合わず見えません。つまり、遠くを見る時も調節し、近くを見る時はもっと調整力を使っています。絶えず目を調節し、毛様体筋を使っているため、目が疲れやすく集中できず、学習の能率が上がらないなどの悪影響が出ます。

 

軽度の遠視なら水晶体を調節し、ピントを合わせられるので遠くがよく見えます。しかし、強い遠視では、しだいに調節がうまくいかなくなり、遠くも近くも見えにくくなるのです。

 

遠視の放置で斜視や弱視の原因となる危険性も

子供の場合、遠視でも症状が現れにくく、発見できないことがあります。

 

しかし、放っておくと「斜視」や「弱視」と言った深刻な状態になる危険性があるので注意が必要です。

 

「斜視」はどちらか一方の目が、見ようとするものからそれる状態です。強度の遠視では通常よりも調節が必要なため、目が内側に寄ってきて内斜視になりやすいのです。

 

また、弱視の発達がまだ不十分な6歳以下の子は「弱視」になる危険性もあります。幼い時からピントが合った見え方を知らないままに育ててしまうと、脳へきちんとした映像が送られずに、脳で見た映像を分析する力が発達できません。それが「弱視」です。

 

仮に弱視では、大人になってから眼鏡で矯正しても「ピントが合った見え方」が認識できないため、視力が出ません。

 

早期発見、早期治療がカギ

遠視の治療は、凸レンズのめがねで矯正をします。幼児にめがねと言うと抵抗があるかもしれませんが、意外にも今まで見えなかった子ども自身はそれまでボヤッとしか見えてなかった世界が、眼鏡をかけることでクリアに見やすくなることから、それ程抵抗なく受け入れていくようです。

 

「弱視」になると回復することはほぼ無理で、メガネやコンタクトの矯正もできません。「見る力」が育つ6歳までに「ピントの合った見え方」を知り、脳も育てて行きましょう。

落ち着きのない子に遠視が多い理由

遠視の場合は近くが見えにくくなるので、どうしても集中力が欠如する傾向があります。

 

近くが見えにくいので、集中力が落ちるのでしょう。集中力と遠視は関係があるようです。本を読もうとして、近くが見えなければ落ち着かないですよね。

 

また、集中力の低い人の特徴として、焦点調節に時間がかかるということがあります。見たい所に焦点を合わせるのに、どうしても時間がかかってしまうのです。

 

この場合はゲームの要素を採り入れたトレーニングで焦点調節力と近距離視力を鍛えるのが、集中力が付き脳も活性化されて視力回復の近道です。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

近視の原因は遺伝
両親が近視だから子供も近視になるという訳ではありません。昔はそうだった様に思えますが、これには生活環境が大きく影響しています。現代社会を思い出してください。昔とは変わり便利になりましたが、目に悪い物も増えましたよね。ここでは、その現状に迫ります。
赤ちゃんは目が悪い
赤ちゃんは何処を見ているかわからず、視点も定まっていないように見えますが、その通り目が悪いんです。それは、まだ視力が未完成だからなので心配しないでください。子供の将来の視力を決める最も重要な健診にはご用心を!
戻らない視力
視力には戻るものと戻らないものがあります。本当に悪くなる前に適切な処置、治療が必要です。近視は大きく2種類ありますが、その特徴を理解し、お子様の将来の為にも治せる内に治しておきましょう。
ガリ勉は目に悪い
ガリ勉は皆、視力が悪いと言う訳ではありません。それなら世の中の有名大学はメガネやコンタクトの学生だらけ。確かに目が悪い人は多いのは多いんですが他に本当の理由があります。今回はその理由を解説しています。
子供に眼鏡をさせる
子供は眼鏡をかけることを嫌うものです。最近ではおしゃれなデザインの物も多く出ていますが、やはり嫌いな子が多いのが現状です。大人の眼鏡と子供の眼鏡には役割が違い、視力を矯正する以外のものが大切です。その点を踏まえ、子供の眼鏡選びのコツをご紹介します。
子供の目にコンタクト
子供の目にコンタクトレンズは良くないと言われます。これは目にコンタクトの機能面が悪影響を与えるからではなく、子供が何らかのトラブルに対応できないからです。詳細についてこちらで確認しておきましょう。