MENU
学校と眼科の視力検査の結果は違う?結果が異なる場合は眼科での再検査を!

正確な視力検査は眼科で

学校の視力健診で行う視力検査と眼科で行う視力検査とは内容が異なります

 

正しい検査法には整った環境などの一定条件が必要ですが、学校の検診ではなかなかそう言った流れを作れないのが現状です。検査しても測定する環境が騒がしく、子供が集中できないかもしれませんし、測定する人も目の専門家ではなく、担任や養護教諭の場合もあるでしょうから、視力に問題があるか、ないかを判断するだけのものと考えるといいでしょう。

視力の判定基準

通常は370方式と呼ばれる方法が使われ、以下のように評価されています。

  1. A判定(視力1.0以上):教室の一番後ろの席からでも黒板の文字が楽に読める。
  2. B判定(視力0.7〜0.9):真ん中から後ろの席から黒板の文字は読めるが、小さい文字は見にくい。
  3. C判定(視力0.3〜0.6):真ん中より前の席でも、小さな文字が読み取れない。
  4. D判定(視力0.2):一番前の席に座っても、眼鏡をかけなければはっきり読み取れない。

学校の視力検診で異常が見つかったら、必ず眼科で受診しましょう!

 

眼科に行き、正しい方法で測定すると、特に問題のない場合もありますし、視力の判定がBでも眼鏡での矯正が必要になってくる場合もあります。更に言うと学校の視力検診では、眼鏡があっているかどうかまで解りませんし、遠視や乱視が発見されないことが多くあります。学校の視力検査の結果を鵜呑みにせず、黒板が見えづらい等の症状がある時も眼科で受診しましょう。

 

仮に「近視」と判断されても、それが短期間で急激に落ちた視力や早期に見つかった調整緊張なら、治療やトレーニングで回復しやすいので、早目の対応が大切です。

眼科で行う近視の検査

眼科では他覚的な屈折異常とその程度を知るために、レフラクトメーターと言う自動屈折検査表を使った「屈折検査」を行います。

 

視力測定では、アルファベットの「C」のようなマーク(ランドルト環)を使った「ランドルト監視標」により、正確な視力を測定します。大人の視力測定は視力表を上から順に読んでいきますが、小学校入学前の子供は、ランドルト環字を一つづつ見せながら測定していきます。

 

まず、裸眼視力を測り、適切なレンズを使って矯正視力での最高視力を測ります。

 

眼科で行うその他の検査
  1. 調節近点検検査:目のピント合わせを調べます。疲労度、矯正度が解ります。
  2. 細隙灯顕微鏡検査:角膜と水晶体から白内障・角膜混濁・逆さまつげ・虹彩炎の有無を調べます。
  3. 眼底検査:視神経や網膜に異常がないか調べます。
  4. 眼位検査:斜視が有るかどうか、種類や程度を調べます。
  5. 眼球運動検査:両目を上下左右に動かし、ズレがないかを調べます。
  6. 立体視検査:物を立体的に見れるかどうかを調べます。

3歳になると約8割の子供が視力検査をできるようになります。

 

治療が必要な視力の目安は0.7以下だったら黄信号、0.3以下なら赤信号です。

 

いずれにしろ、定期的な受診と経過の観察と視力回復の治療は必要なことで、状況によってはメガネやアイパッチ(眼帯)での矯正が必要です。

 

  1. 眼鏡は近視や乱視の視力矯正
  2. アイパッチは弱視の防止処方で見える方の目を眼帯で塞ぎ、弱い方の目を訓練させる方法

 

アイパッチはフザケて付けているように勘違いされる方がいますが、あれはれっきとした治療の一環です。そんなことのないように、やさしく見守ってあげましょう。

 

まとめ

視力検査は学校でも行いますが、素人が担当するので正確な検査はできていません。黒板の字が見にくい、目が霞むなど違和感がある場合は、眼科での再検査をオススメします。眼科では必要に応じてですが、総合で検査しますので、費用は掛かりますが正確に結果が出ます。

 

先にも書きましたが治療が必要な視力の目安は0.7以下だったら黄信号、0.3以下なら赤信号です。
お子様の目の異変に気付いたら、眼科に行く習慣を!

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

目の構造
子供の視力回復の第一歩は目の事をよく理解してあげる事から始まります。何故なら、目のメカニズムを解っていないと、ケースバイケースでの対策が打てないからです。ここが悪ければ、次はここに連鎖するなど想定して先回りして対処してあげるのが親の仕事でないでしょうか。必ずご理解くださいね。
目の機能
人間の情報収集の80%は目からと言われます。その目の機能を鍛えれば、自然と脳の機能も高まります。目の重要な機能についてスポーツを例に解説しています。
視力度とは
視力は目の総合的な機能とお伝えしました。その総合的な機能についての詳細と正常な視力はどんな視力かについてご紹介しています。
視力低下の原因
子供は意思表示が大人みたいに出来ない為に風邪にしても拗らせがちです。視力に関しても見え悪くなった時も大人に的確に伝えれないものです。そのことを理解の上で、大人ができることは一緒に手伝ってあげましょう。
子供の目の病気や怪我
子供の視力が低下する原因に病気や怪我もあります。子供は認識力がまだ劣るので、怪我をしたり、目がおかしくなっても気づかない場合も多いです。放置すると重症になることも有るので、親が早期発見、早期治療を心掛けましょう。
眼科と市販の目薬違い
子供は何かとトラブルが多いもので、目も怪我したり病気になったりします。その時にまず目薬を使うと思いますが、目薬一つにしても成分や使い方、子供への点眼の仕方は知っておいたほうがいいと思います。ここでは市販と眼科の目薬の違い、使い方についてご紹介します。
視力を守る正しい姿勢
良い姿勢は、見た目もいいけど、目にもいいものです。日常生活の癖を直すのは大変な事ですが、親のしつけの基本でもあります。常日頃注意して、良い習慣を付けましょう。
映像との付き合い方
映像を観ることは子供の目にも負担のかかることですが、現代社会においてテレビ・ビデオ・ゲームと生活には欠かせないものです。映像を悪としないで、上手に付き合っていくポイントをご紹介しています。
目の健康と光の関係
子供の目は光の関係でも悪くなります。その中でも室内の照明には十分注意が必要です。直接目に当てず、対象物を照れせるように工夫してあげましょう。また、春から秋にかけて紫外線が強くなりますので、お肌同様に対策が必要です。お子様の目を障害から守ってあげましょう。
子供の視力障害
視力障害は視機能に障害がある状態で代表的なのが盲目です。子供はそこまではないにしても、軽い視力障害がい多いのが現実です。子供の将来を左右しかねませんので親がそのことを知り、その子にあったベストな対応を心掛けましょう。