MENU
子供に眼鏡をかけさせる方法!覚えておきたいメガネ選びのコツと注意点

成長期の目を育てる為のめがね選びは慎重に

子供の眼鏡は視力の発達を助ける為に、かけるものです。

 

一般に、眼鏡をかけると視力が下がると言われていますが、このことはある意味では事実です。何故なら、目の状態と眼鏡の機能が合ってないからです。

 

度が合わない眼鏡をかけていると目は疲れて、肩こりや頭痛の原因にもなります。この状態がが続くと当然視力は低下して行きます。また、フレームが合っていない眼鏡をかけていたら、乱視の原因にもなるので注意しましょう。

 

大人用とは役割が違う訳

子供のメガネ選びは、大人の物とは大きな違いがあります。

 

大人の眼鏡は「視力を補助するもの」ですが、子供の眼鏡は「視力の発達を助ける」のが目的のものです。目は見えることで、より見ようとして発達して行きます。「見る力をつけるため」に眼鏡が必要なのです。

 

子供の目は小学校低学年までは遠視が多く、中・高校生になると近視が増えるといったように年齢によって変化していきます。

 

強い遠視や乱視はできるだけ早く発見して、めがねをかけて治療しないと、見る力が育たず、一生視力が出ない弱視になる可能性があります。見えにくさが子供の行動を制限することになりますし、大きくなってからでは、間に合わない場合も出て来ます。

 

近視用は必要な時だけにかける習慣を

子供が眼鏡をかけると聞くと、「ずっとかけっぱなしになるのでは」と心配される人も多いでしょう。

 

軽い近視なら、眼鏡をずっとかけている必要はありません。近くはよく見えるのですから、遠くを見たり、細かい字を見るときなど、必要な時にだけかければいいのです。

 

逆に遠視や乱視や強度の近視は、眼鏡を矯正しながらピントの合った状態を脳に送って映像分析をする部分を育てているので、日常的にかけている必要があります。また、子ども自身もかけていないと目が疲れるなど以上を感じ、かけ続けた方が気持ちよく日常生活が送れるでしょう。

 

過矯正にはご注意を

近視の眼鏡を選ぶ時に、最も気を付けたいのが「過矯正」です。

 

自分の近視よりも強い近視用の眼鏡をかけると、頭痛や肩こりになったり、気分が悪くなったりします。

 

近視の眼鏡は、弱い度なら目が疲れません。近視を矯正するという事は、網膜の前にある像を映像上に移動させてピントを合わせることですが、「過矯正」では像が網膜の後ろでピントが合ってしまいます。これは近視と同じ状態になり、眼精疲労の原因になります。また、目は自分で見ようとしないので視力は下降線をたどっていきます。

 

本人の自覚なしに、過矯正の状態に慣れてしまうと、こういった別のトラブルを引き起こしかねないのです。

 

大切なことは、眼鏡が必要かどうかを勝手に判断せず、眼科医に相談し、適切な眼鏡を処方してもらうことです。

 

眼鏡の必要性を納得させること

急に眼鏡をかけることになると、嫌がる子供も少なくありません。

 

眼鏡をかけていると「格好悪い」とか「友人に変に思われるのでないか」とか、眼鏡に対して抵抗があるのでしょう。子供の問題ですが、軽く見ずに「子供の眼鏡は必要だからかける」、何故眼鏡をかけなければイケないのかを説明して、納得させるようにしましょう。

 

親の考えも子供に影響します。「こんな年齢から眼鏡は可哀想」とか、「一度かけたら度が進んでいくのではないか」と言った否定的な考えを持っていると、子供は眼鏡をなかなか受け入れません。親自身が「子供の目の成長に大切なもの」と納得して子供が眼鏡嫌いにならないように「格好良くて似合っている」とか肯定的な言葉かけをしていくといいでしょう。

 

子供用の眼鏡は、大人用と違いずり落ちないような工夫がされていますので、かけた感覚は違和感を感じにくいものです。逆にめがねをかけたほうがよく見えて便利なので、慣れると嫌がったりしないものです。

 

子供に適した眼鏡の選び方

子供は大人と違い、自分の意志を思うように伝えられません。「目が疲れた」「眼鏡が合わない」と言った苦痛の言葉でさえ伝わらないので、親が細かい点まで気を配って眼鏡を選ぶことが大切です。

 

眼科医で処方を受けて、その処方を元に眼鏡店で眼鏡を作ったら再度受診し、きちんと目に合っているかチエックしてあげましょう。

 

そこで、覚えておいて欲しい子供のメガネ選びのポイントを幾つかご紹介します。

1.軽いレンズを選ぶ

レンズが重いと目や首が疲れるので、薄くて軽いレンズを選びましょう。最近は技術があがり、度の強いレンズでも薄くて軽いものが多く出ています。また、子供は動きが激しいので、安全面を考えてプラッスティックレンズを使った方がいいでしょう。

2.形ぐずれしないフレームを

フレームは実に色んな種類のものが、出回っていますが、見た目よりも機能性を重視しましょう。スポーツ時に着用するみたいな、形くずれしない子供用のフレームが
オススメです。また、フレームも視野が狭いものを選ぶと見える範囲も狭くなってしまうのでよくありません。

3.頑丈なものを選ぶ

子供のメガネは鼻あての部分がどうしても、ズレやすくなります。眼鏡が鼻からずり落ちることは良く見られますが、鼻あての部分は弱いとモゲてしまいます。フレームも耳あてなんかも安いものなら歪みがちです。そんなに高価なもので無くていいですが、壊れ難い頑丈な物を選びましょう。

 

子供の視力は変化しやすいので、最低でも半年に一度は眼科を受診し、定期診断を受けることも大切です。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

近視の原因は遺伝
両親が近視だから子供も近視になるという訳ではありません。昔はそうだった様に思えますが、これには生活環境が大きく影響しています。現代社会を思い出してください。昔とは変わり便利になりましたが、目に悪い物も増えましたよね。ここでは、その現状に迫ります。
赤ちゃんは目が悪い
赤ちゃんは何処を見ているかわからず、視点も定まっていないように見えますが、その通り目が悪いんです。それは、まだ視力が未完成だからなので心配しないでください。子供の将来の視力を決める最も重要な健診にはご用心を!
戻らない視力
視力には戻るものと戻らないものがあります。本当に悪くなる前に適切な処置、治療が必要です。近視は大きく2種類ありますが、その特徴を理解し、お子様の将来の為にも治せる内に治しておきましょう。
ガリ勉は目に悪い
ガリ勉は皆、視力が悪いと言う訳ではありません。それなら世の中の有名大学はメガネやコンタクトの学生だらけ。確かに目が悪い人は多いのは多いんですが他に本当の理由があります。今回はその理由を解説しています。
遠視はいい事ずくめ?
遠視は遠くが見えるので近視に比べ視力がいいと判断されがちですが、実は全てそうではありません。 放置すると斜視や弱視にも発展しかねないので、子供のうちに気付けば早期治療が必要です。
子供の目にコンタクト
子供の目にコンタクトレンズは良くないと言われます。これは目にコンタクトの機能面が悪影響を与えるからではなく、子供が何らかのトラブルに対応できないからです。詳細についてこちらで確認しておきましょう。