MENU
子供に多い視力障害!種類や対策法・心構えをご紹介しています

子供に起きやすい視力障害3つは早期解決を

 

子供も大人同様に目にもトラブルが出ることがありますが、それをトラブルと気付かない事が多く、手遅れになってしまいかねません。
親が見て一目瞭然に気付けばイイのですが、目に起こる障害はそんなものばかりではありません。常日頃、注意して見守ってあげましょう。

 

子供に多い視力障害について3つ紹介します。

左右の視力がアンバランス・不同視

右の視力が1.0なのに左の視力が0.4とかで、左右の屈折に差がある状態のことを、不同視と言います。

 

成長してから何らかの理由で左右の視力に差が生じた場合は、肩こりや疲れ目の原因になる人も多くいますが、極端な差でなければ日常生活にそう問題はありません。

 

しかし、視力が確立する6歳頃までに不同視があると、見えにくい方の目の視機能発達が遅れて、「斜視」や「弱視」の原因になります。場合によっては眼鏡の装用やアイパッチの着用等の治療が必要になってきます。

 

特に子供は何事にも適応能力が高く、左右アンバランスになっていても本人が不自由を感じず、周囲の大人が気付いた時には、手遅れになりかねないので注意しましょう。

 

また、両目の視力の度数差がかなり大きい場合は、眼鏡で左右の見え方が違う「不等像視」になってしまいます。

 

例えば右の視力が1.0なのに左の視力が0.4の時は、右には度の入っていないレンズを、左には遠視を矯正する凸レンズを使用することになり、いくつかの注意が必要です。

 

不同視の効果的な対策は

大人と違い、小さな子供の場合は適応能力の高さを生かし、この不等像視を克服し、めがねを使った訓練で立体視を育てる事ができます。その為、小さなうちから眼鏡で矯正しながら、立体視をもって物をみることのできる訓練などを治療に取り入れることが望ましいとされています。

 

あまりにも左右の視力に差がある時は、コンタクトレンズをオススメします。その場合は、くれぐれも医師の指導のもと、採用してみて下さい。

 

色覚異常

網膜の視細胞には、赤・緑・青の3色を感じる色素を持つ錐体があります。

 

3種類の錐体色素の内、一つ以上が欠けていると「色盲」、通常の3色素と異なる波長の錐体を持つことが「色弱」これらをまとめて「色覚異常」と呼ばれています。

 

遺伝性の先天色覚異常は、日本では男子の約5%、女子の約0.2%に見られ、残念なことに先天色覚異常には治療法がありません。

 

後天的な色覚異常は、網膜、視神経などの病気の一つとして起こってくるもので、病気の進行とともに色覚異常も進行することがあり、病気や原因を早く発見し、治療する必要があります。

 

最近では検診の時に色覚異常の検査を行わない学校も増えて来ています。先天的色覚異常は治療法もなく、毎年の検査は弊害が多いとの判断からです。その一方で、色覚異常の検査は必要で、早期に本人が色覚異常だと気づかせてあげることが大切だと言う意見も多くあります。

 

色覚異常は就職に不利

色覚異常でも、技術者やデザイナー、芸術家、医師など様々な分野で活躍している人は沢山います。

 

以前は色覚異常に対する職業上の採用要項も減り、学校の入学制限もなくなりつつあります。その一方で運転手やパイロットなどの職業では安全上の理由で色覚異常なら就職できないのが現実です。

 

自分が色覚異常者だと知らずに、パイロットを目指して一生懸命に努力し、入社試験に合格。その後の適性検査で色覚異常が発覚し内定取り消し・・・こんなことになってしまったら、ダメージは計り知れませんちょね。

 

そう考えると、学校で検診が無いなら、眼科で検査してもらうとか色覚異常も明らかにしておくことが得策です。仮に色覚異常でも命をとられることもないし、就けない仕事があるだけで、悲観するものではありません。一つの個性と捉えて前向きに生きていきましょう。

心因性視力障害

視力は悪くないのに、学校の視力検査の結果は悪い、眼科で検査すると視力は問題なし。

 

近年増加中、子供に多い症状で何らかの精神的なストレスが原因の場合が多いです。本人は嘘を言っているつもりはなく、何らかの原因で一時的に見えてないことで、偽近視とも言われています。

 

度なしの眼鏡をかけてよく見えるようになったり、転校して環境が変わったり、嫌いな生徒から離れたことで視力が戻ることもあり、目の自律神経失調症とも言われています。

 

大人のすることは、そのストレスの原因を明確にして潰してやることでしょう。
参考:子供の心因性視力障害は要注意!眼科治療より友人関係や家庭環境の見直しが大切

 

まとめ

子供の視力障害には早目に気付いてあげて、親が解決に向けて動いてあげましょう。

 

思い込みと言うか変に暗示をかけて、自分で自分を悪くしている場合も十分考えられます。色覚異常も昔は差別されたり、就職に支障がありましたが、現代社会では一部の専門職を除いては、その人の個性と捉えてくれています。

 

個性は特徴で大きな武器です。子供の才能を見つけて伸ばしてあげましょう。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

目の構造
子供の視力回復の第一歩は目の事をよく理解してあげる事から始まります。何故なら、目のメカニズムを解っていないと、ケースバイケースでの対策が打てないからです。ここが悪ければ、次はここに連鎖するなど想定して先回りして対処してあげるのが親の仕事でないでしょうか。必ずご理解くださいね。
目の機能
人間の情報収集の80%は目からと言われます。その目の機能を鍛えれば、自然と脳の機能も高まります。目の重要な機能についてスポーツを例に解説しています。
視力度とは
視力は目の総合的な機能とお伝えしました。その総合的な機能についての詳細と正常な視力はどんな視力かについてご紹介しています。
視力低下の原因
子供は意思表示が大人みたいに出来ない為に風邪にしても拗らせがちです。視力に関しても見え悪くなった時も大人に的確に伝えれないものです。そのことを理解の上で、大人ができることは一緒に手伝ってあげましょう。
学校と眼科の視力検査
視力検査は学校と専門的な眼科で行うものは内容が大きく異なります。学校の視力検査では視力表ないで見える化どうかは解りますが、矯正していた場合の視力が適切か、遠視や乱視がないかまでは解りません。学校の視力検査でオカシイなと思った時は眼科で受診しましょう!
子供の目の病気や怪我
子供の視力が低下する原因に病気や怪我もあります。子供は認識力がまだ劣るので、怪我をしたり、目がおかしくなっても気づかない場合も多いです。放置すると重症になることも有るので、親が早期発見、早期治療を心掛けましょう。
眼科と市販の目薬違い
子供は何かとトラブルが多いもので、目も怪我したり病気になったりします。その時にまず目薬を使うと思いますが、目薬一つにしても成分や使い方、子供への点眼の仕方は知っておいたほうがいいと思います。ここでは市販と眼科の目薬の違い、使い方についてご紹介します。
視力を守る正しい姿勢
良い姿勢は、見た目もいいけど、目にもいいものです。日常生活の癖を直すのは大変な事ですが、親のしつけの基本でもあります。常日頃注意して、良い習慣を付けましょう。
映像との付き合い方
映像を観ることは子供の目にも負担のかかることですが、現代社会においてテレビ・ビデオ・ゲームと生活には欠かせないものです。映像を悪としないで、上手に付き合っていくポイントをご紹介しています。
目の健康と光の関係
子供の目は光の関係でも悪くなります。その中でも室内の照明には十分注意が必要です。直接目に当てず、対象物を照れせるように工夫してあげましょう。また、春から秋にかけて紫外線が強くなりますので、お肌同様に対策が必要です。お子様の目を障害から守ってあげましょう。