MENU
赤ちゃんは目が悪い?視力は周りが育てるものなので3歳時健診は要注意

視力は育てるもの!外界の刺激が視力を育てる

子供は、ほとんど見えない状態で生まれ、6歳頃までに視力1.0に達すると言われています。

 

新生児の視力は、わずか0.01から0.02程度と言われています。暗い、明るいがわかるものの、物の形はほとんど見えていません。赤ちゃんは視点が定まらず、どこを見ているかわからない目をすることがありますが、それは視力が発達していない為なんです。

 

妊娠中、目は最後に形成される器官です。胎内でものを見るのに必要な眼球の構造は30週ごろまでにほぼ完成しているものの、視力は未完成の状態で生まれて来ます。生まれた後に、外界からの刺激を受けて目を正しく使うことで視力が発達して行くんです。

 

このことは特別なことではありません。ママやパパの顔を間近で見る、ベビーカーで散歩する、スーパーへ買物に行くといった日常生活が子供の目に刺激を与え、目は少しずつ成長していきます。

 

視力が完成するのは6歳頃?

子供の視力は順を追って成長して行きます。

 

まず、生後1から2ヶ月で顔の正面にあるものをじっと見つめる固視や動いている物を目で追うことができるようになります。4ヶ月頃から両目で物を見ることができるようになり、1歳頃には視力0.3。2歳頃で0.5に発達します。0.5と言うと物がぼんやりとボケて見える様な状態です。

 

その後、早い子なら3歳、遅い子でも5から6歳で1.0近くに達し、視力が完成すると言われています。また、色を見分ける色覚は6から10歳、両目で物を見る力も6歳位で完成します。

 

3歳時健診は目の異常を発見するのに必要

3歳時の健康診断は、子供の目の異常を発見するのにとても重要な検診です。

 

過去の3歳時の健康診断によって発見された異常の第一位が乱視、第二位が斜視、第三位が遠視、第四位が弱視、第五位が近視でした。

 

3歳から4歳の間にこれらの異常を発見できれば、メガネによる矯正や特別な訓練などの治療をすることで、視力を発達させることができます。逆にこの時期に見逃して放置してしまうと、治療をしても視力が発達しにくくなるだけではなく、両目視機能の発達にも悪影響を与えます。

 

まとめ

赤ちゃんは耳は聞こえても、目はあまり見えてないんです。おもちゃであやす時も視点が定まらず、何処を見ているかわからない時もありますよね。
これは、普通のことで赤ちゃんは視力が未完成で生まれてきます。

 

大切なのは、視力が完成する3歳以降。3歳児健診は目の異常を発見するのに重要な健診で、この時期に異常を発見し治療をすれば視力を発達させることができます。運悪くこの時期に異常を見逃してしまったり放置しておくと、将来の両目視機能の発達にも悪影響を与えるのでご注意くださいね。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

近視の原因は遺伝
両親が近視だから子供も近視になるという訳ではありません。昔はそうだった様に思えますが、これには生活環境が大きく影響しています。現代社会を思い出してください。昔とは変わり便利になりましたが、目に悪い物も増えましたよね。ここでは、その現状に迫ります。
戻らない視力
視力には戻るものと戻らないものがあります。本当に悪くなる前に適切な処置、治療が必要です。近視は大きく2種類ありますが、その特徴を理解し、お子様の将来の為にも治せる内に治しておきましょう。
ガリ勉は目に悪い
ガリ勉は皆、視力が悪いと言う訳ではありません。それなら世の中の有名大学はメガネやコンタクトの学生だらけ。確かに目が悪い人は多いのは多いんですが他に本当の理由があります。今回はその理由を解説しています。
遠視はいい事ずくめ?
遠視は遠くが見えるので近視に比べ視力がいいと判断されがちですが、実は全てそうではありません。 放置すると斜視や弱視にも発展しかねないので、子供のうちに気付けば早期治療が必要です。
子供に眼鏡をさせる
子供は眼鏡をかけることを嫌うものです。最近ではおしゃれなデザインの物も多く出ていますが、やはり嫌いな子が多いのが現状です。大人の眼鏡と子供の眼鏡には役割が違い、視力を矯正する以外のものが大切です。その点を踏まえ、子供の眼鏡選びのコツをご紹介します。
子供の目にコンタクト
子供の目にコンタクトレンズは良くないと言われます。これは目にコンタクトの機能面が悪影響を与えるからではなく、子供が何らかのトラブルに対応できないからです。詳細についてこちらで確認しておきましょう。